覚え書き082 四国 封印の書

第二章 3.江戸期の攻防

四国八十八箇所巡りに関して衛門三郎という人物にまつわる話があるのですが、八が何度も出てくる・閏年に順路の逆を行き空海と会い生まれ変わる、といった不思議体験シリーズ的に関連があるのではと疑いたくなる内容です。
この話、千一夜さんが作品のモチーフにしただけなら不思議でも何でもないのですが、そうでないなら奥義を知る人が後世に伝えるために広めたと思えるくらいキーワードがそろっているように感じました。