覚え書き065 三柱鳥居とイエス・キリスト

1.プロローグ

2.救いの門

各自が好きな時に実践探求できるように公開
作品自体はパソコンOSの変化とスマートフォンの普及で好きな時に読みにくくなってきていると思うのだが。

3.驚愕の真実

なぜその弟子が理解した事が私にまで伝わってきたのかは私は知らないし説明はできない
主人公の透視能力は失われた感覚機能の一部で脳か記憶が繋がっているか、前世、といったところでは?

山頂付近には3人の人が立っていた
背景画像は頭部に特徴がある人と尻尾のある人に見えなくもない

4.キリストと三つの門

ある天才物理学者というのがあの人だとすると現実では京都に一泊されてますね。
後の作品でふれられるラフカディオ・ハーンという人の著作が訪日の一つの契機だったという話があるようです。

5.カゴメ唄の秘密

透視の後~~~公開準備に入った。
これだと今でも主人公に透視能力があることになる。

6.変貌の山・奥義

7.サン・ジェルマン

スイス・キリストの密書と関係しそうな気がします。

8.あとがき